Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

ここに来て、はじめて農業の可能性を信じることができた。

サンファーム中山株式会社 - 両角 章

HatarakuHito

ここに来て、はじめて農業の可能性を信じることができた。

大久保本日はHappy Qualityで農業に携わっているもろずみさんに来ていただきました。よろしくお願いします。

両角よろしくお願いします。

大久保両角Happy Qualityの創業期からトマト栽培に取り組んできたんですよね。そもそも、どうして農業をやろうと思ったんですか?

両角親がトルコキキョウなどを栽培している花の農家なんですが、その姿を見ていて「自分は絶対に農業をやらない」と決めていたんです。花でも作物でも、土で何かを育てるのは本当に大変なんです。それで、学校を卒業してからは肥料を扱う会社で働いていました。

大久保そうだったんですか。農業と肥料は切っても切れない関係だと思いますが、ご自身で作りたいとは思っていなかったんですね。

両角はい。

大久保では、どういう経緯でHappy Qualityに入社されたんですか?

両角肥料の仕事にも慣れ、違う分野のことにもチャレンジしてみようとある工場に転職しようと思っていたら、社長に引き留められたんです。というのも、うちで「ドクターメロン」を栽培している中山さんが中学の先輩で、肥料の会社はメロンを栽培しているビニールハウスの隣にあったんです。そのため、「どうやら会社を辞めようとしている」と知られたらしく、「じゃあ引き抜こう」という感じになったらしいです。

大久保「辞めるなら引き抜く」というのが何事にもアグレッシブな宮地社長らしいですね(笑) でも、もともと農業はやらないと思っていたのに、どうして心変わりしたんですか?

両角社長は農業をビジネスとして考えていたんです。土を使わず養液で効率的に栽培し、消費者に届ける。浜松市場で働いた経験もあるので、作ったトマトは確実に捌けます。私の実家も花を育てていたので周囲には農家がたくさんいましたが、農業をそんな風に捉えている人には出会ったことがありませんでした。社長と話した時に初めて、農業の可能性を信じることができたんです。

大久保両角さんにとっては、運命を変える出会いだったんですね。引き抜きがなければ、転職して工場で働いていたかもしれないですし。

両角そうなりますね(笑)

大久保入社が決まってからは、早速トマトづくりをスタートしたんですか?

両角トマトを育てる予定のビニールハウスにはまだドラゴンフルーツやバラが残されている状態だったので、まずはスコップで抜いたり切りながら整地するところからはじめました。

大久保あ、整地からですか。それは重労働ですね。

両角重機の免許も持っているので一気にやろうとしたんですが上手くいかず、結局すべて手作業でトマトを作れるビニールハウスにしたんです。あの頃が一番大変でしたね(笑) いまはしっかりメリハリをつけながら働けています。

大久保お休みの日は何をしているんですか?

両角大体友達と飲んでいます。

大久保彼女はいるんですか?

両角それが最近別れてしまって…

大久保そうだったんですか! ごめんなさい。

両角いえ、良いですよ(笑) それで、少し環境を変えようと思って一人暮らしを計画しています。

大久保一人暮らし、いいですね。

両角どこに住もうか、とかちょっとワクワクしています。

大久保そういう相談も社内でされるんですか?

両角みんなフレンドリーなので、何でも話してますね。

大久保最後に、農業をやらないと決めていたもろずみさんが、農業にチャレンジして改めて気付いたやりがいを教えてください。

両角自分の手掛けたトマトを「美味しい」と言ってもらえると本当に嬉しいです。もっと良いモノを作ろうという気になりますし、たまに実家に持って帰ったら親もとても喜んでくれます。

大久保あー、なんだか親御さんの喜ぶ顔が目に浮かびます。これからも美味しいトマトを多くの方に届けてください。本日はありがとうございました。

Hatarakuhito

サンファーム中山株式会社b両角 章

両角 章

サンファーム中山株式会社
トマト責任者 及び 施設管理担当

Company

株式会社Happy Quality

生きる農業から、次世代へ繋がる農業へのコンサルティング支援、近代的農業の企画立案から販売 、青果物マーケット事業 を行う。

ライターとリポーター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )

大久保 結菜

大久保 結菜 ( おおくぼ ゆいな )