Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

鋳造は生き物。だから、達成感は格別だ。

株式会社小出製作所 - 王剣

HatarakuHito

鋳造は生き物。だから、達成感は格別だ。

――王剣さんは小出製作所で原価管理課の課長を務めているんですよね。そもそもどういう経緯で日本に来られたんですか?

王剣地元はミャンマーとラオスの国境付近の山村で、上海の大学に進学してから機械の設計・製造や自動化を学んでいました。大学4年生の時に日野自動車との共同プロジェクトでトラック下部のフレーム強度に関する研究が認められて、日野自動車の内定をもらい来日したんです。

――日本語がとても上手ですが、では来日してから学んだんですか?

王剣はい。東京の日野市に住み始めてから勉強しました。

――小出製作所に入社したのはいつ頃ですか?

王剣日野自動車では2年間勤務し、毎日強度計算や報告書の作成をしていました。そろそろ違うことをやりたいと思っていた頃に小出社長と会い、ヘッドハンティングされたんです。

――それから磐田市に引っ越されたんですね。日野市と比べて、磐田市の住み心地はどうですか?

王剣中国の地元と似ていて、落ち着きます。ただ、町に中国人が全然いないですね。役所の外国人サークルに行ってもブラジル人ばかりで、中国人は中華料理店を営んでいる人くらいです(笑)

――いまはどのような仕事に携わっているんですか?

王剣ポジションは原価管理課の課長ですが、品質管理、生産統括、海外営業など、かなり幅広い業務を担当しています。特に中国の自動車業界が盛り上がっているので、いまは月に1週間は中国に出張していますね。

――どのような部分に金型づくりの難しさを感じますか?

王剣鋳造は生き物です。水や気温によっても出来が変わるため、今日のテストで上手くいったとしても、次の日も上手くいくとは限りません。中国で30億円のプロジェクトを任された時は、上手くできたと思って切断してみたら砂が混じっていたりなかなか思うようにいかず、プレッシャーに押しつぶされて会社を辞めました。

――辞めたんですか? ということは、しばらくしてまた戻ってきたんですね。

王剣はい。1年半前に1度辞めたんですが、クライアントから「戻ってきてほしい」という要望をもらったんです。これまで担当したプロジェクトはすべて成功してきたのに、1つだけ失敗したまま放り出したことも気にかかっていたので、半年の休暇を経て復帰しました。

――そのプロジェクトは結局どうなったんですか?

王剣今月になって、ようやく量産化に成功しました。

――そうだったんですね。おめでとうございます!

王剣ありがとうございます。苦しかったですが、その分、達成感はとても大きかったですね。

――それだけ大きな仕事も任されていて、今後やってみたいことはありますか?

王剣これから欧米と中国はEV(電気自動車)にシフトしていきます。特に中国は大気汚染がすごくて、「もうガソリンエンジンを使うな」というレベルです。EVになるとエンジンが変わり、鋳造も変わります。そうした近い将来を見据え、他部署と協力して新しいプロジェクトを立ち上げたいですね。

――今後も日本に住み続ける予定ですか?

王剣2011年に高校の同級生と結婚したんですが、2年前に娘が生まれ、両親も中国から磐田に呼び寄せたんです。磐田は居心地が良いですし、特に娘は日本で生まれ育っているので、家では私の両親の影響から中国の地元の方言を話し、保育園では日本語、そして仲の良い友達とは北京語で話すなど、自然と言葉を使い分けています。私の仕事、娘の教育、どちらを考えても、ここに腰を据えて暮らしていきたいです。

――いまから日本語も中国語も話せるなら、娘さんも王剣さんのように日本と中国の両方で活躍するようになるかもしれませんね。本日はありがとうございました。

Hatarakuhito

株式会社小出製作所b王剣

王剣

株式会社小出製作所
原価管理課 課長

Company

株式会社小出製作所

金型製造を新たな次元へ昇華させるKOIDEの技術。時代の先を見つめる革新性が、KOIDEのソリューションです。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )