Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

自分が育った場所のモノを応援し、地域に貢献。

有限会社ぬくもり工房 - 鈴木 華奈美

HatarakuHito

自分が育った場所のモノを応援し、地域に貢献。

――鈴木さんは2016年に『ぬくもり工房』へ転職したと伺いました。前職では何をしていたんですか?

鈴木地域に貢献できる仕事に就きたくて、人と接するのも好きだったので信用金庫で渉外係(個人向けの営業)をしていました。

――信用金庫なら、まさに地域に貢献できる仕事ですね。でも、そこからなぜぬくもり工房へ?

鈴木当時、営業ツールとしてチラシやノベルティを配っていたんですが、デザインによって受け取ってもらえるものともらえないものがありました。そこで販促物の重要性を知り、多くの人が手にとってくれるようなモノをつくりたいと思うようになったんです。それから信用金庫を退職して浜松の職業訓練校で広告デザインを勉強し始めました。

――信用金庫を退職して職業訓練校に通ったんですか。それは一大決心でしたね。

鈴木もともとアクセサリーのハンドメイドが好きで、「好きなことを仕事にできないか」と考えていたんです。そんな時に当社の求人を見かけて、ここならやりたいことができるかもしれないと思い入社しました。

――いまはどのような業務を担当しているんですか?

鈴木楽天市場のページ更新やSNSでの情報発信、POP制作、一部商品のデザインを手掛けています。遠州綿紬は浜松でずっとつくられてきた伝統織物ですし、地域貢献と好きなこと、どちらも両立できているので幸せです。なんというか、自分が育った場所のモノって素直に応援できるし、頑張れるんですよ。

――遠州綿紬を愛する鈴木さんが感じている、今後の課題のようなものはありますか?

鈴木海外にいけば安く作れますが、なるべく浜松で完結したいんです。その方が雇用も生まれ、地域貢献につながりますから。でも、国内で生産するとそれだけ生産単価が高くなるので、自然と売値も高くなってしまいます。そこをどうすればわかってもらえるのかな、といつも考えています。

――特別儲けたいわけではないのに、「綿100%なのに何でこんなに高いの?」という声が多いんですね。

鈴木はい。工程ごとに職人さんが家内制手工業でつくっているので、売値に関しては仕方ない部分なんですよね。反物が出来上がるまでにすでにたくさんの人が関わっていて、そこからさまざまな商品に展開されるので。

――ファストファッションに比べれば確かに高いけれど、関わっている人と手間を考えれば適正価格。やはり、地道に遠州綿紬の良さを知ってもらうことが大切なんでしょうか?

鈴木高品質なモノをつくり続けることだと思います。せっかく遠州綿紬を選んでくれるのなら、やはり120%のモノをお届けしたいですし。それから、お花見会などを開催して着物を着てお出かけできるシーンも提供したいと思っています。

――遠州綿紬を使う場所もつくるということですか。それは良いアイデアですね。

鈴木いまはそうやって少しずつ遠州綿紬のファンを増やしたいですね。

Hatarakuhito

有限会社ぬくもり工房b鈴木 華奈美

鈴木 華奈美

有限会社ぬくもり工房

Company

有限会社ぬくもり工房

遠州綿紬(めんつむぎ)を始めとする遠州の織物や染物を全国ブランドにし、永続的に続く産業とする。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )