Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

顧客と工務店のためになる、シミュレーションソフトこそコア技術。

OMソーラー株式会社 - 楠

HatarakuHito

顧客と工務店のためになる、シミュレーションソフトこそコア技術。

――楠さんは『OMソーラー』のコア技術開発に携わっていると伺いました。具体的に、どのような業務を担当されているんですか?

簡単に言うと、シミュレーションソフトの開発ですこの家でOMソーラーを導入したらどれだけの太陽熱を蓄えることができ、床暖房や給湯に活用できるのか、と事前に予測するソフトですね。。
例えば、同じ市内で新築の家を建てる時も、山と海のどちらに近いかで太陽から得られる熱量は変わります。家を建てる場所によってソーラーシステムを導入するメリットの大きさが違うため、お客様に関心を持っていただいたり納得していただくには必須の営業ツールなんです。

――確かにメリットがわからないと導入に二の足を踏んでしまうかもしれませんし、シミュレーションソフトは『OMソーラー』のコア技術と言えますね。この仕事にはいつ頃から携わっているんですか?

実は、学生時代からなんです。私は工学院大学の大学院で学んでいたのですが、研究生の時に当社との共同開発がはじまったんですよ。そこで「築20年の物件を断熱改修する際、OMソーラーを導入してリノベーションすればどう変わるか」というテーマで改修前後のシミュレーションを行っていました。その流れを受け、2013年に入社してからもずっとこの業務を担当しています。

――ということは、社歴以上に長く携わってきたんですね。長年シミュレーションソフトを開発してきて、楠さんはどのような部分が一番難しいと感じていますか?

数値から予測はできます。でも、その通りになるかはやはり実際に建ててみないとわからないところですね。気候や天気が相手なのですべてを予測することは不可能かもしれませんが、少しでも精度を高めるために30年以上にわたりさまざまなデータを蓄積してきました。いまも本社の敷地内にある実験棟などでデータの計測・分析を続けているので、精度はこれからもさらに高まっていくはず。シミュレーションソフトの精度を高めることで、顧客満足度も高めていきたいですね。

――最後に、今後の目標を教えてください。

当社は全国の工務店に会員になっていただき、ソーラーシステムを販売してもらっています。これまで以上に工務店の方々が使いやすいソフトにしていきたいですし、会員工務店以外にも広めていき当社のソーラーシステムをより多くの方々に知ってほしいと思っています。

――会員工務店とソーラーシステムを導入する家を増やすには楠さんの開発するシミュレーションソフトが欠かせないでしょうし、これこそコア技術であるという所以がよくわかりました。本日はありがとうございました。

Hatarakuhito

OMソーラー株式会社b楠

OMソーラー株式会社
技術部

Company

OMソーラー株式会社

自然環境の力を利用した空気集熱式のパッシブソーラーシステム、OMソーラーの開発および販売を行う。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )