Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

tsukuruhito file #3

農業の常識を覆し、新しいビジネスをつくる。

株式会社HappyQuality / 代表取締役 / 宮地 誠

Webメディアの企画・運営を手掛ける『PrmaCeed』の代表・岩田彰人が、さまざまな業界のキーパーソンと対談するこの企画。 今回のお相手は、「農業=土で作物をつくる」というこれまでの常識を覆し、確かな農業理論によって“不可能と言われたメロン”を作り上げた『Happy Quality』の代表・宮地誠さんです。 腎臓疾患を患うと、メロンの甘さの素であるカリウムを抑えるため食事制限をしなければならず、家庭の食卓からメロンは姿を消していました。しかし、宮地さんは静岡大学と協力し、“土を使わない”画期的な栽培方法を確立。腎臓疾患の方でも食べられる「ドクターメロン」をはじめ、美肌やアンチエイジングに効果的なリコピンを従来の2倍含むトマト「HAPPYトマちゃん」など、多くの方が待ち望んでいた農作物の栽培に成功しています。 宮地さんはどのような試行錯誤を経て、不可能を可能にしたのか。これまでの過程と見据えるビジョンを伺いました。

Chapter 1腎臓疾患でも食べられるメロン。手掛けたきっかけは、心残り。

岩田本日は宮地さんのことを根掘り葉掘り伺いながら、どうやって土を掘らない農業を確立したのか語ってほしいと思っています。よろしくお願いします。

宮地話好きなので、何でも話しますよ。まずどこから話しましょうか?

岩田やはりメロンをつくろうと思ったきっかけを知りたいですね。

宮地では、私が浜松市場に出入りし始めた頃から話しても良いですか?

岩田お願いします。

宮地浜松市場にいた頃、100億円だった市場規模を10倍の1,000億円にしようという個人的な目標を立てたんです。

岩田それはまた壮大な目標を立てましたね。

宮地その過程で、浜松で作られているクラウンメロンが浜松市場では扱われていないことを知りました。果物の王様はメロン、中でも1番はクラウンメロンだと思っていたので、知った時は本当にびっくりしましたよ。浜松で作っているのにおかしいだろ、という憤りもありました。

岩田収穫されたクラウンメロンは都会を中心に取引され、地元の静岡県には流通していなかったんですか?

宮地そうなんです。クラウンメロンを扱えるようになれば目標の1,000億円に届くんじゃないかと思い、なんとか浜松市場で扱わせてくれないかと頼んだんですが、何も実績がないので門前払いでした。そこで毎朝4時にJAに行き、メロン納入の手伝いをしたんです。5年間続けた末にようやく初契約が取れた時は本当に嬉しかったですね。

岩田5年間毎日通ったんですか…ほとんど執念ですね(笑)

宮地ところが、浜松で作っているのに浜松市場を通っていないものがもう1つあったんです。

岩田何ですか?

宮地三ケ日みかんです。そこで「クラウンメロンを扱っている」という看板を持って行ったら、すぐにOKがもらえました。この時、実績が産地を呼ぶんだと気付きましたね。




岩田クラウンメロンと三ケ日みかんの当時の取扱高はどれくらいだったんですか?

宮地メロンが60億円で、みかんが40億円です。

岩田それを一手に引き受けたのはすごいですね。

宮地規模が大きくなりすぎて、そこからは百貨店との取引もはじまりました。いろいろ話すうちに、どうにか生産地から直接消費者のもとに届けるような方法はないかと考えて、「産直」という仕組みを作ったんです。これなら百貨店、市場、農家のすべてがWin-Winになれる。

岩田いまでは当たり前になった「産直」の仕組みは宮地さんが作ったんですか?

宮地そうですよ。その頃はJAとも対等に話ができるようになっていましたね。浜松市場の規模も800億円まではいきましたが、そこまで。私の力では1,000億円には届きませんでした。

岩田それでも十分すぎる成果だと思いますよ。

宮地それから少し市場と離れて、毎日ウェイクボードをやっていました。ただ、遊んでいる最中も1つだけ心残りがあって…

岩田何ですか?

宮地あるクラウンメロンの農家が、腎臓疾患でも食べられる低カリウムメロンを作っていたんです。その農家は年間でメロンを2万玉栽培し、夏と冬に300玉だけカリウム値が1/3のメロンを栽培してる。カリウム値を1/3にして甘さをキープするなんてすごいことなんですよ。メロンの甘さの源がカリウムなので。すぐに扱おうとしたんですが、念のため検査したところ2/3にしか到達していなかったんです。

岩田試行錯誤したんでしょうけど、メロンを2万玉も作っているプロが手掛けても2/3が限界だったということですか。

宮地せめて半分以下でないと、腎臓疾患の人には食べさせられない。これはまずいと思って話し合った結果、その農家は低カリウムメロンから手を引いたんです。2万玉分の300玉だけしか作っていなかったので経営に影響はなかったと思いますが、でも腎臓疾患を患っている方の中には低カリウムメロンを楽しみにしていた人もいるはずじゃないですか。それで、自分で作ろうと決めたんです。

1 2 3

Tsukuruhito

宮地 誠

宮地 誠

株式会社HappyQuality
代表取締役

Company

株式会社Happy Quality

生きる農業から、次世代へ繋がる農業へのコンサルティング支援、近代的農業の企画立案から販売 、青果物マーケット事業 を行う。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )