Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

tsukuruhito file #10

浜松で育まれた「うなぎの中食文化」を、全国へ。

有限会社うなぎの井口 / 代表取締役 / 井口 恵丞

Webメディアの企画・運営を手掛ける『PrmaCeed』の代表・岩田彰人が、さまざまな業界のキーパーソンと対談するこの企画。 今回のお相手は、うなぎの「持ち帰り」と「地方発送」を専門とする『うなぎの井口』代表取締役・井口恵丞さんです。 うなぎの産地として有名な浜松は、養殖、販売、飲食が一貫して流通する数少ない地域。そして、スーパーや専門店で調理済みの料理を購入し、自宅でひと手間をかけて食卓に並べる「中食」文化も盛んでした。こうした背景から、「うなぎを白焼の状態で持ち帰って食べる」という浜松ならではの食文化が生まれます。 この伝統を受け継ぎ、さらに全国へ広めようと、うなぎに関するさまざまな情報発信やオリジナル商品の開発に力を入れてきた井口さん。変わりゆくうなぎ事情と、今後の展望についてお話を伺いました。

Chapter 1なぜ浜松で「白焼の持ち帰り」が定着したのか。

岩田本日は井口さんのことをいろいろ伺いたいんですが、その前に1つ聞きたいことがあるんです。浜松のうなぎは全国的に有名ですが、他の地域と異なり「蒲焼」ではなく「白焼」も店頭に並んでいますよね。そもそも、どういう経緯で白焼が生まれたんでしょう?

井口もともと、うなぎの養殖は浜松ではじまったんです。消費量も多く、養殖~販売~飲食まで全てが浜松で完結しました。一方、鹿児島や宮崎も養殖は盛んですが、消費自体はそれほど多くありません。

岩田浜松はうなぎの生産地であり、消費地でもあるんですね。

井口そうです。消費量が多いため、養殖業者が片手間で白焼を販売するようになりました。というのも、保健所の規定では白焼は完成品ではなく、まだ加工途中の「半製品」。半製品は販売するのに保健所の許可がいらないため、多くの養殖業者が手掛けるようになった、というわけです。

岩田蒲焼が完成品で、白焼は半製品ということですか。いまも白焼の販売に許可はいらないんですか?

井口いまも不要です。うちは蒲焼も扱っているので、蒲焼の許可だけ取っています。


岩田白焼のはじまりはわかりました。でも、いまのお話だと「消費者のニーズ」ではなく、あくまで「生産側の都合」で活発になったということですよね。それなのに、ここまで地域に根付くものでしょうか?

井口浜松は工業や農業が盛んな地域ですが、こうした地域はスーパーや専門店で調理済みの料理を購入し、自宅でひと手間をかけて食卓に出す「中食」が発展するんです。ちょっとだけ工夫して家庭の味をつくる、という。うなぎの場合も、白焼を買えば家でそのまま塩やポン酢で食べることができるし、蒲焼にすることもできる。手軽にアレンジできる点が地域特性にマッチしていたんだと思います。

岩田中食文化があるからこそ、白焼が消費者のニーズを満たしていた、ということですか。面白いですね。

井口実際、総務省の調べでも浜松はうなぎだけではなく、餃子やシュウマイ、サラダや刺身といった中食が好まれているようです。

岩田ちなみに、料理店はどの段階のうなぎの仕入れているんですか? 生きた状態ですか? それとも白焼ですか?

井口浜松の料理店は主に白焼で仕入れています。その上で独自の焼き方とタレでそれぞれの個性を出している感じですね。

1 2 3 4

Tsukuruhito

井口 恵丞

井口 恵丞

有限会社うなぎの井口
代表取締役

Company

有限会社うなぎの井口

昭和63年の創業の、うなぎの産地「浜松」でも数少ない持ち帰りと地方発送の専門店です。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )