Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

tsukuruhito file #14

がんを患い、治療の副作用で髪が抜ける。沈んだ表情を笑顔に変える、専門美容室。

株式会社PEER / 代表取締役 / 佐藤 真琴

Webメディアの企画・運営を手掛ける『PrmaCeed』の代表・岩田彰人が、さまざまな業界のキーパーソンと対談するこの企画。 今回のお相手は、がん治療の副作用で髪が抜けてしまった方や脱毛症、無毛症などに悩む方々に対して市場価格の20分の1(5~6万円)でウィッグを提供している、株式会社PEER(ピア)の代表取締役・佐藤真琴さんです。 同社が運営する「専門美容室ピア」では脱毛時期の過ごし方を一緒に考え、1人ひとりに合ったウィッグとヘアスタイルを提案しており、いまでは全国から年間1,000人が相談に訪れるほど。そして、佐藤さんは全国の美容室とノウハウを共有することでがん患者支援の仕組みづくりも手掛け、2009年には『女性起業家大賞』や『日経ウーマンオブザイヤー』などを次々と受賞します。 その華々しい経歴から数多くの取材を受けてきた佐藤さんですが、今回の対談は「どのような幼少期を過ごしてきたのか」、「今後どのような展開を考えているのか」など、これまであまり語られなかった部分にもフォーカスをあて進行しました。佐藤さんの人となり、そして、医療と生きるすべての人たちへの力強いメッセージをお伝えします。

Chapter 3がん患者に必要なのは、同情よりも「自助を支える」仕組みづくり。

岩田学生中に起業したということは、看護師になるより事業家として生きていこうと早々に決めたんですか?

佐藤いえ、その後も看護学校には通っていましたよ。ただ、学校を卒業する年に母親が寝たきりになり、病状と制度からどこにも預かってもらえなかったんです。要介護者を抱える新卒看護師なんて、病院にとっては足手まといなだけじゃないですか。そこで、看護師の道は諦めました。

岩田それでこの事業を本格的に推し進めることになったんですね。

佐藤あと、当時は医療用のウィッグを格安で提供できるようになれば問題は解決すると思っていたんですが、そうではないことに気付いてしまった、というのもありますね。

岩田それはどういうことですか?

佐藤がんは誰もが患う可能性のある病気ですよね。でも、「がん患者」という枠に当てはめられ、世の中の大多数から外れた瞬間にとても生き辛くなるんです。がん患者からすればたまたまなってしまった病気で髪が抜け落ちたからといって、「大丈夫?」と過剰に心配されても「急に被害者扱いするな」って感じじゃないですか。「可哀想」なんて上から目線で言うこと自体が失礼ですよ。

岩田過度な同情なんていらない、ってことですか。

佐藤同情ではなく、より良いモノやサービスを提供し、自助を支える仕組みをつくるべきだと思ったんです。生き辛いという不自由さにパッチを当てて、元の状態に戻す方法が必要なんだと。気付いてしまった以上、気付かなかったことにはできません。

岩田それって、実際に医療現場や難病治療の課程を間近で見たからこそ到達できた考え方のような気がします。事業ベースでこの領域に踏み込んでも、事業者サイドが「病人だからってなめんなよ」という感覚はなかなか持てないでしょうし。

佐藤確かに、看護学校に行っていなければ私もこの事業をはじめてはいないでしょうね。

岩田いま専門美容室ピアには年間何名くらい訪れているんですか?

佐藤全国から1,000名ほど来店し、頭の形や以前の髪型など1人ひとりの相談に乗っています。

岩田ウィッグの価格は?

佐藤1枚5~6万円ですね。この価格は、浜松市内でパートをしている方の平均月収に合わせているんです。ウィッグは1年半くらい使うので、月で割ると約3,000円。これなら月々の美容室代と大体同じ金額なんですよ。

岩田ウィッグは100%人毛ですよね。その価格と品質で、利益は出ているんですか?

佐藤事業を継続していくだけの利益は出ていますよ。将来的に遺伝子工学などの研究が進めば、がん治療においても髪の毛が抜けないようになると思うんです。だけど、これから10年のうちにそこまで研究が進むかはわからない。脱毛を防ぐ抜本的な解決策が見つかるまでは、ビジネスとして成立させなければならないので。

岩田では、解決策が見つかれば…

佐藤美容室は辞めますね。必要ないので。

岩田あっけらかんと言いますね(笑)

佐藤「患者さんの日常生活を豊かに」というのが、うちの社是なんです。そのためなら、別に美容室でなくても構わないんですよ。

岩田今後、がんや治療による副作用など、さまざまな悩みを抱える人たちのために取り組んでみたいことはありますか?

佐藤日本には162万人ものがん患者がいます。脱毛で悩んでいる方に対してはピアで販売しているウィッグや培ってきたノウハウを全国70カ所の美容室にも事業継承しているんですが、これからはさらにもう一歩踏み込んで、がん患者のためのコミュニティをつくりたいと思っています。患者、家族、医療従事者と情報を共有し、求められているピースを1つずつ埋めていく。患者さんを中心に、医療と生きるすべての人たちのためにできることを模索していきたいですね。

岩田最初は15分と言っていたのに、いろんなことを話していただき、ありがとうございます。おかげで、真琴さんのことをより深く知れたと思います。

佐藤あっ、もう1時間以上経ってる。こんなはずじゃなかったのに(笑)

岩田それだけ夢中になって話してくれた、ということですよね(笑)本日はありがとうございました。

1 2 3

Tsukuruhito

佐藤 真琴

佐藤 真琴

株式会社PEER
代表取締役

Company

株式会社PEER

病気、治療、病気の副作用と共に生きるすべての人が暮らしやすい社会づくりに貢献するサービスを作り、提供する。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )