Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

tsukuruhito file #17

大切なモノ、仕事への取り組み方は、1世紀前から変わらない。

株式会社ソミック石川 / 代表取締役社長 / 石川 雅洋

Webメディアの企画・運営を手掛ける『PrmaCeed』の代表・岩田彰人が、さまざまな業界のキーパーソンと対談するこの企画。 今回のお相手は、自動車のハンドル操作をタイヤへ伝える重要保安部品「ボールジョイント」を製造している『ソミック石川』の代表取締役社長・石川雅洋さんです。 1916年に創業した同社は織機のボルト製造からスタートし、トヨタ自動車がカーメーカーとして飛躍するのに合わせて自動車事業へ移行。アメリカ、フランス、中国など6カ国に10工場を構え、国内シェア56%、世界シェア16%を獲得するまでに成長しています。しかし、そんなグローバル企業の6代目社長である石川さんは、「ものづくりの原点は根角ボルトにある」と話してくれました。 創業一族として、100年企業の歴史の重みを実感する石川さん。その想いをお届けします。

Chapter 2先人たちは1つのボルトにあらゆる工夫を詰め込んだ。

岩田 せっかくの機会なので昔の技術についてもお話を聞かせてください。1924年にトヨタの創業者である豊田佐吉さんが開発したG型自動織機は、後継の織機を含め今でも稼働しているそうですね。その自動織機に使われていた根角ボルトとナットをソミック石川が作っていた。いまさらですが、現代まで使えるボルトを戦前につくっていたってすごい技術力ですよね。

石川 実は私も人から教わるまで、根角ボルトなんて根本が角になっているボルトのことだろうとしか思っていなかったんです。ところが、G型自動織機は稼働中もスピードを落とさずシャトルを交換し、横糸が自動的に補給されるという画期的な発明品で、当時世界の繊維機械業界をリードしていた英国企業の技術者から「マジックルーム(魔法の織機)」と呼ばれていました。

石川 そして、織機を構成している歯車、下部シャフト、根角ボルトなど、1つひとつの部品にもさまざまな工夫が凝らされています。例えば、織機はガシャン、ガシャンと音を立てながら動きますが、動きが大きい分すぐにボルトが緩んでしまう。そこでボルトの頭を押さえずともナットを動かすだけできつく締められるよう調整されているんです。

岩田 ボルトが緩んでしまうことも前提につくられているんですか。

石川 そもそも、当時は鋳物もいまのように正確なモノではありません。ではどうやって現代まで使えるような代物に仕上げていたかというと、完成に至る工程で発生する歪みなどもすべて計算に入れて設計していたからです。

岩田 さまざまな職人さんが「こうすればこうなる」という経験則を試行錯誤しながら積み上げて、マジックルームと称された織機が出来上がったんでしょうね。なんだか話を聞いているだけで頭が下がります。

石川 その話を聞いて私も感心したんですが、同じモノづくりに携わる者としては、先人たちがそうやって道を切り拓いてきたにも関わらず、いま自分たちはどうだろうか、と振り返ってしまうんです。

岩田 ボールジョイントで世界的にシェアを獲得しているじゃないですか。すごいことだと思いますが。

石川 ボールジョイントは重要保安部品のため、あまり設計変更を望まれないんです。もし異常があると大変なことになってしまうので。だけど、関係者ともっといろいろ話し合って改良を加えていけば、ボールジョイントもより良くなっていくと思うんですよ。

岩田 ボールジョイントって、ハンドル操作を伝える部品ですよね。人体で言うと、関節のような。その重要性を考えると自動運転化が進んでも必要なモノであり続けるでしょうし培った技術も他の分野で活用できそうですね。

石川 ボールジョイントに求められるのは何よりも安定性と耐久性ですが、カーシェアリングなどが進めばメンテナンスの面から車の寿命が短くなり、要求されることも変わるかもしれませんね。いまは鉄でつくっていますが、車の軽量化によって樹脂でつくるようになったり。

岩田 そうなれば根角ボルトをつくっていた時代と同じように新しい工夫やアイデアが盛り込めるかもしれませんね。他に、会社として何か新しい取り組みなどはありますか?


石川 ボールジョイントの技術を応用し、電動車いすやリハビリ・スティックを開発しました。特に電動車いすは安定性と小回りを重視してつくったので、足回りの部分が農園のようなガタガタした道で役立つとわかり、応用して試験的に農園で使ったりもしています。

岩田 確かに電動車いすもリハビリ・スティックも、円滑な動きを伝えるボールジョイントを作ってきた技術力が大いに役立っていそうです。そう考えると、ボールジョイントの技術はロボットのアームなどにも活かせるでしょうし、可能性はまだまだ広がっていますね。

石川 技術の応用、新しい製品の開発は、今後も積極的に行いたいと考えています。

1 2 3 4

Tsukuruhito

石川 雅洋

石川 雅洋

株式会社ソミック石川
代表取締役社長

Company

株式会社ソミック石川

静岡県浜松市の自動車部品メーカー。自動車の重要保安部品「ボールジョイント」の製造を手掛ける。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )