Now Loading...

tsukuru*hito (ツクルヒト)

tsukuruhito file #17

大切なモノ、仕事への取り組み方は、1世紀前から変わらない。

株式会社ソミック石川 / 代表取締役社長 / 石川 雅洋

Webメディアの企画・運営を手掛ける『PrmaCeed』の代表・岩田彰人が、さまざまな業界のキーパーソンと対談するこの企画。 今回のお相手は、自動車のハンドル操作をタイヤへ伝える重要保安部品「ボールジョイント」を製造している『ソミック石川』の代表取締役社長・石川雅洋さんです。 1916年に創業した同社は織機のボルト製造からスタートし、トヨタ自動車がカーメーカーとして飛躍するのに合わせて自動車事業へ移行。アメリカ、フランス、中国など6カ国に10工場を構え、国内シェア56%、世界シェア16%を獲得するまでに成長しています。しかし、そんなグローバル企業の6代目社長である石川さんは、「ものづくりの原点は根角ボルトにある」と話してくれました。 創業一族として、100年企業の歴史の重みを実感する石川さん。その想いをお届けします。

Chapter 3100年の歴史と共に育まれてきた、人と人とのつながりを深めていく。

岩田 ソミック石川は創業100年を超えましたが、いま石川さんが思う「会社の財産」は何でしょうか?

石川 財産は会社の歴史そのものだと思います。特に最近感じていることは「私たちのものづくりの原点は根角ボルトにある」ということです。昔は技術も仕事への取り組み方も先輩から口頭で教えられ、後輩がまた同じように次の世代へ伝え、少しずつ当社の強みや社風が出来上がっていったと思うんです。その中で、ずっと大切にしてきたのは根角ボルトをつくっていた時と同じように1つの部品を改良し続け、お客様、仕入先様とともに「自分たちの技術を必要としてくれる人のために精一杯がんばる」ということ。そうして会社は成長し、人と人とのつながりも育まれてきました。この想いをもって100年やってきたことが当社の財産だと思います。

岩田 私は起業してまだ10年しか経っていませんが、社員をはじめサポートしてくれる人が増えてきて、いろいろなことに気付けるようになりました。そう考えると、会社の歴史とそこから生まれた人間関係ってとても大切なものですよね。

石川 社長1人では何もできませんから。実は、私の父である4代目が1973年発表した会社方針のモットーに「友愛と協調精神で、力いっぱいの努力を」という言葉があります。大切なことは、昔も今も同じなんですよ。

岩田 本当にそうだと思います。例えば、「ソミック石川って良い会社だね」と誰かが言う時、その人は会社全体を指して言っているのではなく、その人が知っている社員を見て、あるいは話を聞いて「良い会社」と判断しているわけじゃないですか。社員1ひとりが社内でのつながりを強く実感できれば、社外の方とも自然とつながりが深まりそうですよね。

石川 私もまだ社長になって6年ですから、会社の歴史だけでなく、先人たちの想いも引き継ぎ、より良いモノづくりに取り組みたいと思います。

岩田 本日はありがとうございました。

1 2 3 4

Tsukuruhito

石川 雅洋

石川 雅洋

株式会社ソミック石川
代表取締役社長

Company

株式会社ソミック石川

静岡県浜松市の自動車部品メーカー。自動車の重要保安部品「ボールジョイント」の製造を手掛ける。

この記事を書いたライター

是永 真人

是永 真人 ( これなが まさと )